カテゴリ:演劇・バレエ・パフォーマンス( 29 )

箱庭コラァル「赤月夜ノ演奏会二弦-夢の棺-」

b0017693_20341773.jpg

Musicoluneでバイオリンを演奏してくれている紗由さんの公演に行って来ました。

紗由さんは、演劇とクラシック音楽の融合を目指した箱庭コラァルを主宰しています。

今日は音楽寄りの公演…だけど、演劇の要素もありました。

演劇と演奏を一緒にやるって、おそらく大変なはず。でも、さらっと見せるのが凄い。

と、台詞の中に、スっと紗由さんの音楽家として感じている想いが、含まれているのも好きです。今回は「バイオリンだけでは世界を表現できない。」なるほど。自分はバイオリンがメロディーを奏でただけで、世界が見える気がしているんだけど、バイオリニストはそう感じているのね。

一番良いのが、表現したい事がはっきりしている事。脚本、台詞、音楽、美術、映像などなど全てが一貫しているのが素晴らしい。もし、これどういう事?と質問したら、答えがもらえるんじゃないかな。

と、今回は、自分の演奏向上のために、ピアノの重松華子さんとともにどう演奏しているのか、少し観察させてもらいました(笑)なるほど、体の芯がしっかりしているのが大事なのね。

と、最後に。

帰りに、しみじみと幸せだなーと感じましたよ。こんな個性的なモノを創る人と一緒に音楽を創れているなんて!それだけに、Musicoluneで良い音楽を創って、成果を出したいと思う訳です。
[PR]

by ericsy99 | 2011-02-27 20:34 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

箱庭コラァル「赤月夜ノ演奏会一弦」

b0017693_22432468.jpg

Musicoluneでバイオリンを弾いてくれている山本紗由さんの公演に行って来た。

色々な意味で面白い公演でした。

まず南阿佐ヶ谷という場所。ほとんど人が通らない住宅街を歩いている時には、見知らぬ街に旅行に行った孤独感に似たものを感じました(笑)

そして会場のグッドモーニングララという所がまた素敵な所で。

音楽活動をしている若者達に活動の場を提供し、シニアの人達がそれを観に来る事によって支えるというコンセプトで運営されています。実際、お客さんの多くはご年配の方がほとんど。

そして、公演が行われた場所は、「家」。狭い空間の中で、色々照明などが工夫されていたのが素敵でした。

もちろん、肝心の内容も良かったです。箱庭コラァルのコンセプトの説明があった事もあり、クラシックの演奏と演劇の部分が自然と流れるように観れた。自分は、和声の進行が不思議なブラームスの曲が好きでした。

やっている事がとても個性的で、つくづくバンドに誘ってよかったなぁ…とも感じました。ちなみにUMEZYのLiveに行った時も同じように思いました。
[PR]

by ericsy99 | 2010-11-23 22:43 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

水族館劇場「恋する虜」

b0017693_22364464.jpg

山本紗由さんがバイオリンで参加した公演を観に行った。
観に行って本当に良かった。今まで全く観た事が無いものを観る事が出来た。凄まじかった!

規模は小さいながらも、中心になってものを創る者として、凄く勉強になった。
[PR]

by ericsy99 | 2010-06-06 22:36 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

榴華殿「魔の華物語」

b0017693_10257.jpg

1週間前になりますが、Musicoluneでバイオリンを演奏してくれている山本紗由さんと楽園王で知り合った小澤凌さんが出演していた榴華殿「魔の華物語」を観劇。

幻の華をめぐって、男女入り乱れてそれぞれの欲望が複雑に絡み合っていく話。

と思いきや、女性達が結託して馬鹿な男達を陥れる話。

その落とし方が半端無くて、もう男達は死ぬしかないという感じ。あまりにも酷すぎる話なので、逆に後半は笑ってみてました(笑)

脚本がとても丁寧に織り込まれていて、とても物語に引き込まれました。全体的にクオリティが高かった。

出演者のみなさんの演技もとても上手で。

トコさんは劇中に描かれていない役の人生が滲み出ている感じでとても良かった。紗由さんは自分の欲望に忠実な悪女と思わせて、したたかな悪女への裏切りが鮮やかだった。

終演後、2人に「女はみんなこんな感じよ。騙されないように、気を付けて!」と言われたけど、自分の場合は騙されるくらい積極的に行った方が良いかなと思ったりして。でも、最近会社で肉食系と言われている始末(笑)

と、これ以降は個人的な思いになりますが…

平日サラリーマン生活をしている身として、希望のある物語が観たいなぁ…と。
また、クリエイターとしては、混沌としている今の時代には、前向きな表現が必要だなぁ…と思っています。

ここ最近観劇した作品が、少し暗めか逆に無責任に前向きな話だったからというのもあるかな。
[PR]

by ericsy99 | 2010-05-23 10:02 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

劇団再生「演劇機関説・空の篇」

b0017693_2231348.jpg

昨日は、2本演劇の公演をはしごしました。1本目の感想をちゃんと書いて、2本目を書かない訳には行くまい…。

過去共演した事もあるあべあゆみさんが出演してる劇団再生「演劇機関説・空の篇」に行ってきました。

いきなり結論。凄く良かったし、凄く好きな作品でした。

この作品を説明するのは凄く難しい。

More
[PR]

by ericsy99 | 2010-03-28 22:34 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

松木円宏プロデュース ポムカンパニー1st effect 『垂れ下がるロープ、手の中のカラビナ』

最近はあまり批判的な感想を書かないようにしてるんだけど、今回は書きたいので書きます。
辛口なので、マイナスの感想を読みたくない人はスルーで。

Musicoluneでviolinを弾いてくれてる山本紗由さん、以前から知り合いの楽園王+の大畑麻衣子さんが出演してるという事で観に行った。

↓いつも素敵な仲良しの(?)お2人
b0017693_14422047.jpg


全体的には面白かったんだけど、幾つかひっかかる所がありました。

More
[PR]

by ericsy99 | 2010-03-28 14:41 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

ノート/トーン

b0017693_21058100.jpg

山本紗由さんが出演する公演に行って来た。

内容を説明するのは難しい!音楽にまつわる細かいストーリーが音楽と共に抽象的に展開されて行く。

はっきり言ってしまうと、作品全体の意図は分からない。でも、面白い。

紗由さんは、芝居をしたり、歌ったり、踊ったり、バイオリンを弾いたり。全ての事が、何だか上品で洗練されて素敵でした。
[PR]

by ericsy99 | 2010-01-30 21:00 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

姫が愛したダニ小僧

b0017693_2110224.jpg

高校時代からの友達が久々に役者をやるって事で観に行った。

友達は正にチョイ役でしたが…。

作品は凄く面白かった!来て良かった。
[PR]

by ericsy99 | 2009-10-17 21:10 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

馬鹿みたい

b0017693_2324217.jpg

先々週は素晴らしく質が高い芝居を観に行ったんだけど、今日はそれとは正反対の素晴らしく馬鹿馬鹿しい芝居らしきものを観た。

馬鹿馬鹿しいって素晴らしい!意味が無いって素晴らしい!

めちゃ笑いました。
[PR]

by ericsy99 | 2008-06-18 23:24 | 演劇・バレエ・パフォーマンス

久々の楽園王

b0017693_182914.jpg
RAKUENOH+の公演を観に行った。

2本立て公演。

「6よりも先」は正直付いて行けませんでした!

それは幾つかの意味で。話の難しさ。あのゲームをやらせているのは誰なのか?そもそも何かの意志で間引きするというのが、実感として良く分からない。良く分からないだけでなく、否定したくなるかな。

「鳥の白の湖の果て」は面白かった。

「認識する事により存在する」という哲学的でもあり、SF的でもあるというテーマ。こっちは実感として良く分かった。作者の長堀さんが言いたい事とは少し違うけど、それはそれとして。

演技は、せいさんとさーたんが良かった。さーたんは今まで一番良かった。あゆについては、あの役と出演時間では、良いとか悪いとかは言えないかな。

で、その後飲みに参加させてもらいました。

楽園王には何度も参加してて、なんだか実家みたいな感じです。4月の公演のために、曲を書いてと言われたので、楽しみだな。

他の人も遠慮無く、作曲依頼を下さいませよ~。
[PR]

by ericsy99 | 2007-12-16 01:08 | 演劇・バレエ・パフォーマンス